JMAG

1.  JMAG
JMAGはJSOL社が開発した電気機器設計、開発のためのシミュレーションソフトウェアです。1983年以来、数多くの企業、大学のユーザーのご支援を頂きながら利用されてきました。JMAGは機器内部の複雑な物理現象を正確にとらえ、高速に分析します。

解析経験の少ない方にも熟練者にも使いやすく、少ない操作で迷わず確実に結果を得ることができます。
 

2. 製品構成

3. 製品機能紹介
3.1 JMAG-Designer:電気機器設計のためのシミュレーションソフトウェア

JMAGの中核を担う高速高精度なFEAソフトウェアです。
直感的なGUIと高度なモデリング技術、多彩な結果表示機能を搭載しています。
形状はもちろん、材料特性、駆動条件などを自由自在に操り、多様な設計アイディアを多面的に評価できます。

機能リスト
• 形状モデリング
• 材料DB/材料モデリング
• メッシュモデリング
• 結果評価
• ソルバー
• HPC
• 最適化
• 自動化/スクリプト
• インタフェース
• オンデマンド情報

3.2 JMAG-Express:モータ設計ツール

JMAG-Expressはモータ設計支援ツールです。テンプレートベースで、概念設計を行うJMAG-Expressクイックモードから基本設計、詳細設計を行うJMAG-Expressパワーモードまで網羅します。設計の各段階でモータモデル(JMAG-RTモデル)を出力し、SILS、HILSを行うことも可能です。
 

3.3 JMAG-RT:モータドライブシステムのモデルベース開発

電気機器の進化に伴い、モータドライブシステムの設計にも新しい方法論が望まれています。モータ設計と制御設計を協調して行うモデルベース開発はその有力な候補の一つです。“JMAG-RT”はモータ設計者が設計したモータの特性をそのままにプラントモデルを作成し、制御系シミュレータに取り込んだモデルベース開発を完成させます。

• リアルなモータ特性を取り込んだモータドライブシステムの設計、最適化
• 試作レスのモータドライブシステム開発を実現
• モータドライブシステム開発の手戻りの削減、効率化
• HILSによるDSP、ECUの動作検証・不具合対策

3.4 JMAG-VTB:次世代解析ツール

測定器にマシンをかけるのと同じように、解析目的に応じてJMAG-VTBのシナリオを選択し、CADなどの形状データを設置してください。JMAG-VTBは、材料や回転数などの設計・評価パラメータを入力するだけで、連成解析のような複雑な現象を取り扱うことができます。
単に計算を実行するだけではありません。メッシュ生成や条件設定などの解析ノウハウを埋め込むことができるので、信頼性のある解析結果を得られます。

3.5 JMAG-Bus

JMAG-Busは、個別アプリケーションや個別テーマ向けのシステム構築が可能です。
Webベースの利用が可能ですのでJMAGがインストールされていない環境でもご利用いただけます。
バージョンアップにより、ユーザーアカウントによるユーザーごとのケース管理が可能になりました。
3.6 JMAG-for CATIA V5:CATIAで電磁界解析

1) CATIA V5内で磁界解析が行えます。
• 解析実行から、設計変更、確認までのループを最小化できます。
• システム外部へのデータ出力が不要です。

2) CATIA V5モデルから解析効率の高い解析モデルを自動的に生成します。
• 解析のための手動モデル分割や簡略化が不要です。
• 指定した断面での二次元・軸対称解析が行えます。
• 磁気回路の把握や詳細解析の前の確認のための、クイック解析モードがあります。

3) 環境に応じた柔軟なシステムを構成することができます。
• 時間のかかる解析計算には外部の計算サーバを利用することができます。
• 解析モデルおよび結果にアクセスできるAPIが準備されています。ニーズに応じた最適化システムなどを簡単に構築できます。
• 既存のJMAGへモデルデータを渡すことができます。JMAG上でのモデルの確認や条件の追加が可能です。

 

Other Articles